TOP_Topics 再開発、ここに注意

(57)再開発中断の申し入れ(その3)

投稿日:2020年11月3日

週刊「東洋経済」に掲載されました!

泉岳寺で地権者を含む地域住民442名が署名を添え港区長へ提出した「再開発中断の申し入れ」に関する記事が週刊「東洋経済」(10/31号)にて報じられました!

著作権との関連もあるため、残念ながら記事を添付することはできませんが、泉岳寺の地域住民が要望書を提出した背景や理由について20行にわたり記事として掲載されました。(詳細記事は書店やインターネット等にてお求め頂くか、或いは図書館等で閲覧下さい)

今回の「東洋経済」(10/31号)はコロナ禍が再開発事業へ与える影響に関して具体的な事例も取り上げながら特集を組んでおり、「巨大プロジェクトに暗雲」、や「再開発計画が目白押しだがコロナ禍で事業性が狂ったプロジェクトも少なくない」と言った刺激的な見出しと共に、コロナ禍が再開発事業に及ぼす影響をうまく纏めています。

私たち泉岳寺の住民が3月以降一貫して懸念を表明し続けてきた「コロナ禍による再開発の事業性への疑念」もその一環として報じられており、もはやこの問題は泉岳寺に限らず、広く社会全体の問題であることが再確認できたと言えます。 
ご存知の通り、コロナ感染拡大による社会経済情勢の急激な変革の中で、いままで再開発事業を支えてきた前提条件そのものが崩れつつあります。
テレワークの普及やソーシャル・ディスタンスに代表されるように、私たちの新しい働き方や生活様式は、都心部のオフィス、タワーマンション、ホテル、商業施設、と言った再開発事業を構成する施設すべてにわたり、需要の縮小をもたらす懸念が出て来ました。

「第1種市街地再開発事業」は地権者がリスクを負担する事業なだけに、再開発ビルを建ててはみたが「テナントが埋まらなかった」、「保留床が処分できなかった」では済まされません。
このため私たち地権者は一旦ここで立ち止まり(=再開発計画の進行を中断し)、再開発に対する見方や考え方を大きく変える必要があります。

各地の地権者団体からの情報によれば、再開発事業者はどこも「地権者のための再開発」であることを強調しているようです。
コロナ禍はその言葉が「本心」なのか、或いは単なる「見せかけ」なのかを試す絶好の機会だと考えます。
再開発事業者が地権者をどのように見ているかが再確認できる良い機会ですので、
是非とも「コロナ禍を理由とする再開発事業の見直し」を再開発事業者、その他の関係先へ提案されてみては如何でしょうか?

後日「こんな筈ではなかった」と後悔しないためにも…

-TOP_Topics, 再開発、ここに注意

関連記事

(16)マンションは「住民全員で1票?」(その2)

引き続き「1票の格差」についてです。 マンション地権者は「1棟全体で1人」と見做すルール。このルールがいかに不平等で且つ不当であるかを以下にわかりやすくご説明します。 例えば、再開発区域内に100人の …

(30) この同意書はなんだ? 

先ずは本記事に添付した10枚の同意書をよくご覧下さい。 これは住友不動産が東京都港区で推進中の「三田三・四丁目市街地再開発」において約150名の地権者が提出した「組合設立への同意書」の内の10枚です。 …

(24) 準備組合の実態はこれだ!(その1)

準備組合について考えて見た! 再開発への不満や要望を住友不動産の社員へ投げかけると、「私たちは事業協力者です。実際の事業者は住民の皆さまで構成される準備組合です」などと切り返されます。そう言いつつも、 …

(62) 理事が準備組合を訴えた!(その3)

(54)理事が準備組合を訴えた!及び(59)理事が準備組合を訴えた!(その2)からの続きです。 東京都葛飾区「立石駅南口東地区再開発」において準備組合の理事が準備組合を訴えた裁判を通じ、同意書の改ざん …

(19)「再開発」以外の選択肢

2019年9月2日付日本経済新聞に「マンション 中古が主役」と言う見出しで記事が掲載されました。 首都圏では新築マンションの成約件数よりも、中古物件(特に駅近の物件)の成約件数が3年連続で上回ったと言 …