TOP_Topics 再開発、ここに注意

(94)動画配信をはじめました!(その2)

投稿日:

トピックス(88)動画配信を始めましたでは、泉岳寺の現状をよりわかりやすく皆さまへ知って貰うため、YouTube動画4本を制作したことをお伝えしましたが、その後動画の数が増え、現在14本となりましたので、改めて皆さまへご案内します。

【YouTubeチャンネルはこちら】

以下のバナーをクリックすることで全14本がご覧頂けます

  

動画化の目的

再開発事業は仕組みが複雑なため、一般の地権者にとり理解するのが難しいと言った現実があります。このため、各地の地権者の皆さまは、再開発が何であるかも良く理解出来ぬまま、事業者側から「タダで新築マンションに移れる」などと言った甘い話ばかりを聞かされ、同意書へ安易にハンコを押してしまうケースが後をたたないと聞きます。少なくとも、住友不動産が行う再開発事業において配られる「同意書」は地権者に不利な内容となっており、安易に同意すれば、結局そのしわ寄せは地権者へ降りかかって来ることになります。
これを防ぐには、地権者自身が自ら知識や知見を持つことが不可欠です。
そこで皆さまが関心をお持ちのテーマを中心に、これらを映像でわかりやすく説明することが出来ぬかと考えYouTube動画にまとめることとしました。
基本的には泉岳寺で住友不動産が行おうとしている「公平性」や「透明性」に欠ける再開発事業を全国の皆さまに知って頂くことを目的に動画をシリーズものとしてスタートさせました。しかし今般、それと並行して「再開発の基本と問題点」という普遍的なテーマでも動画制作を始めましたのでご視聴下さい。
私たちの制作する動画が、全国の再開発で悩む地権者の皆さまの参考となれば幸いです。

-TOP_Topics, 再開発、ここに注意

関連記事

(160)地権者に「事業リスク」がとれるのか?

現在、国内で計画されている再開発事業の大半は第一種市街地再開発事業(組合施行型再開発)と言い、それは組合(=地権者)が「事業リスク」をとる形で進められる事業です。 世間では再開発事業で損失が出れば、再 …

(163)「保留床買取り」の落とし穴

準備組合の曖昧な説明にはご注意あれ! 住友不動産は本当に保留床を買取るのか?との地権者からの質問に対し、当地区の準備組合は彼らの定期刊行物である「準備組合ニュース」を通じて「住友不動産は保留床の買い取 …

(125)高齢者、遂に立ち上がる!

再開発で一番影響を受けるのは高齢シニア層です。 その高齢シニア層が もうこれ以上我慢出来ない! として 「再開発には同意しない」ことを宣言 すると共に 「再開発の中断」を求める要望書を区長へ提出しまし …

コロナ禍 再開発に異変(2020.12.13付東京新聞「こちら特報部」)

泉岳寺の再開発問題が2020.12.13付東京新聞(朝刊)「こちら特報部」に掲載されました。

(43)準備組合は設立すべきか?(その1)

最近、首都圏各地の複数の地権者団体から、「再開発に向けて準備組合を設立したいとの提案が出されているが、果たして応じるべきか?」との相談を受けています。 もちろん、地域ごとに事情は異なりますし、地域全体 …