TOP_Topics 再開発、ここに注意

(66)「英語サイト」を開設しました!

投稿日:

当ホームページ上に、新たに「英語サイト」を開設しました。
今回の開設により、住友不動産の活動の実態が全世界へ情報発信されることとなります。
日本の人口は1億人強であるのに対し、世界の英語人口は約15億人と言われています。今般、英語版を開設したことでより多くの皆さんに実態を周知することが可能となりました。
もちろん「問合せ」に対してはバイリンガル対応を行ってまいります。

では、なぜいま「英語サイト」なのか?
各地の住友再開発の地権者には海外の不動産投資家も含まれることが確認されており、グローバル化の時代において多言語による情報発信はむしろ時代の流れだと言えます。
また「企業のIR」とは異なる視点で住友不動産の活動実態を海外へ情報発信することは投資情報の多様化の観点からも情報の受け手側にとっては望ましいことです。
因みに、住友グループは米国でも大規模な不動産開発を展開中だと伝え聞いています。
一般に米国では市民の間で「人権意識」が高く「訴訟」も日常茶飯事です。
もし泉岳寺と同様の手法が海外へ輸出され住民の権利が侵害されたとなれば、住民による抗議活動や訴訟を通じて住友ブランドのイメージ低下はもとより、対応を一歩誤れば日本に対するイメージまで低下しかねません。
今回の「英語サイト」開設が住民の権利尊重へと繋がり、結果として日本国内のみならず海外不動産事業でも公平・公正な活動が実施されることへの一助となることを期待します。

尚、「TOKYO」はオリンピック開催予定地でもあり、現在世界中から検索されています。
加えて、「SUMITOMO」「SENGAKUJI」と言ったキーワードも国際的に知名度が高いことから、今回の英語版開設で、更に多くの閲覧者が当サイトを訪問することを期待しています。

さて余談になりますが、英文トピックス内には「地権者がうっかり同意書へ捺印をしてしまい、後日後悔する」と言うくだりがありますが、英語ではこれを「Turkeys voting for Thanksgiving」(七面鳥が感謝祭に賛成票を投じる)と表現するのだそうです。
あまりにも的確すぎる表現に感心すること然りです。
そう言えば日本語にも同じく「鳥」が主役となる類似の格言があったような気がします。

-TOP_Topics, 再開発、ここに注意

関連記事

(44)準備組合は設立すべきか?(その2)

トピックス(43)準備組合は設立すべきか?からの続きです。 前トピックスでは、準備組合の設立の可否は時間をかけてでも慎重に検討を行うべきであること、そしてたとえ地権者の皆さんが準備組合は設立すべきだと …

(87)住友不動産への絶縁状

先日16名の地権者が港区長に対し「準備組合を今後是認しないことを求める嘆願書」を提出したのに続き(詳細は(86)仲見世優遇住宅疑惑をご参照下さい)、今度は5名の土地所有者が住友不動産の再開発計画には参 …

(20) 再開発事業の実態はこれだ!

都内各地の再開発の地権者団体や専門家との情報交換を続けて来た結果、再開発事業の全体像が浮かび上がって来ました。 再開発計画区域の地権者の皆さまは民間事業者と話をしていて何か不自然さを感じたことはないで …

(1)再開発計画は進まない

多くの泉岳寺の地権者にとり、事業者との出会いは、「ある日、突然自分たちの大切な資産が再開発予定区域に指定されたことを知り、計画の背後に事業者として住友不動産がいることを聞かされた」ときが始まりです。 …

(70)同意者の水増し事例

トピックス(69)同意者の水増しに注意 からの続きです。 前のトピックスでは事業者による意図的な「同意者数の水増し」への注意喚起を行いました。地権者が「同意をしていない」のに、いつのまにか「同意した」 …